892_r.jpg

プリプリのいかとほんのり苦味のあるゴーヤーが
暑さに疲れた体に効く、あっさり味の炒めもの。

手早く作れて旨みしっかり、
花椒(中国山椒)の風味がピリリと刺激的。
ご飯もビールもすすみます!


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


ご訪問ありがとうございます♪

 にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
↓ のレシピを気に入っていただけましたら、
お帰りの際に応援クリック頂けると励みになります。
よろしくお願いいたします。





【材料 (3~4人分)】

・するめいか・・・・・1パイ (正味約150g)
・ゴーヤー・・・・・1本
・しょうが・・・・・1片
・ごま油・・・・・大さじ2

・酒・・・・・大さじ1/2
・塩・・・・・適宜
・花椒(パウダー)・・・・・少々


【作り方】

1). ゴーヤーは種とワタを取り、5mm厚さに切って塩少々(分量外)で
  もんで5分おき、洗い流す。しょうがはみじん切りにする。
  いかはさばいて一口サイズに切り(※食べやすさと見た目を
  考慮して、皮をむいて格子状に包丁を入れておくとさらによい)、
  酒をまぶす。
  
2). フライパンにごま油としょうがを熱して、香りが立ったら
  水けをよく切ったゴーヤーを入れて鮮やかな緑色になるまで炒める。
  
3). いかを入れて炒め合わせ、身がプリッとなったら火を止める。
  お好みで塩で味を調え、花椒を振ってざっと混ぜる。


20150809_02.jpg


◆いかの旨みと塩分だけでも結構味がつきます。
 物足りなければ塩で調えます。

◆花椒は火を止め、一旦落ち着いてから混ぜいれましょう。
 お好みで、食べる時にまた振ってもおいしいです。


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


前回に続き、本日も暑い季節にピッタリの炒めものレシピをご紹介♪


こう暑い日が続いてくると、やはり登場回数が増えるのが
花椒(中国山椒)というスパイス。

先日取り上げていただいたなすの常備菜などにも使用しておりますが、
日本の山椒とはまたひと味違ったさわやかな刺激と香りが
夏バテに本当によく効きます。



321_2_recipe_w300.jpg



今回は、油で色良く炒めたゴーヤーといかに振り振り。

シンプルな塩味ベースの炒めものなので、
ゴーヤーは事前に軽く塩もみしておくと味がなじみやすいです。

プリッとしたいかの身は、旨みしっかりとゴーヤーともよく合いますね♪



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆



すごくシンプルな味付けなのに、最後に振った花椒でグッとごちそう感がup!

この季節、ついついスタミナをつけたくなったり、
塩分補給に味付けを濃くしてしまいがち。


けれど、こんな感じでスパイスを使うと、
素材のおいしさをしっかり楽しめつつおいしくいただけるなぁと
改めて感じられる一皿となりました☆


・・・・・


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg

電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村