しみじみ*ごはん

ご飯がすすむ毎日のおかずと、ひと鍋で作れる本格欧風料理、日本の食卓にも合うハーブ&スパイスのレシピを中心にご紹介している庭乃桃のブログです。

タグ:パルミジャーノ・レッジャーノ

食欲をそそるガーリックの香りに、焼いたトマトのジューシィな甘みがからんだリゾット風のごはん。ざっくり作れてとろけるようなおいしさ。今が旬の春キャベツも入れてどうぞ♪ ... Read more

にんにく焼きトマトごはん

にんにく焼きトマトごはん

by 庭乃桃

調理時間:10分
Comment

食欲をそそるガーリックの香りに、焼いたトマトのジューシィな甘みがからんだリゾット風のごはん。ざっくり作れてとろけるようなおいしさ。今が旬の春キャベツも入れてどうぞ♪

このレシピを詳しく見る


もしよろしければ、更新の励みになりますので
はじめにぽちぽちっと応援よろしくお願いいたします!m(__)m 
   にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
・・・・・・・・・・・・・


本日のメニューは、
おひとりさまのお昼などにピッタリの
かんたん炒めごはん。^^

これ、材料全部を
ざっくり炒めるだけなんですが、
トマトの水分で
とろけるようなリゾット風ごはんに
なるんです♪


549_2_recipe


ポイントは、はじめに
すりおろしにんにくとオイルで
トマトを焼きつけておくこと。

トマトの甘みがググッと
引き出されて最高においしいし、
水分も出るからあっという間に
ごはんにからみますよ!


549_3_recipe


旬のキャベツもたっぷり、
そして仕上げは
パルミジャーノ・レッジャーノを
振っていただきます。^^

あっさりなのに食べごたえ満点、
まろやかテイストの
おいしいリゾット風ごはんです。


・・・・・

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
よろしければお帰りの際に、
ポチポチッと応援よろしくお願いいたします。m(__)m

↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村


NEW! 
庭乃桃Facebookページができました。

FB-FindUsonFacebook-online-144_ja_JP

インスタグラムはこちら。
Instagram

こちらのブログの更新情報が届きます。
よろしければぜひご登録くださいね^^




北イタリアはボローニャの名物パスタ。日本では「ボロネーゼ」という名前で知られていますが、本来はトマト少なめ、お肉が主役のお料理です。幅広のタリアテッレというパスタにからめて食べれば、ガッツリお肉のうまみとパルミジャーノ・レッジャーノの芳醇な香りが口いっぱいに広がります。 ... Read more

タリアテッレ・アル・ラグー(本格ボロネーゼ)
Comment

北イタリアはボローニャの名物パスタ。日本では「ボロネーゼ」という名前で知られていますが、本来はトマト少なめ、お肉が主役のお料理です。幅広のタリアテッレというパスタにからめて食べれば、ガッツリお肉のうまみとパルミジャーノ・レッジャーノの芳醇な香りが口いっぱいに広がります。

このレシピを詳しく見る


もしよろしければ、更新の励みになりますので
はじめにぽちぽちっと応援よろしくお願いいたします!m(__)m 
   にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
・・・・・・・・・・・・・


北イタリアはボローニャの
名物パスタ、ボロネーゼ
(Tagliatelle al ragù alla bolognese)。

日本でもイタリアンのレストランには
必ずあるメニューのひとつだと思いますが、
じつは本来のボロネーゼは
私たちが知っているものと
少しちがうんです。


545_4_recipe


野菜やトマトは少なめに、
かわりにお肉感を全面に出すのが
もともとのボロネーゼの特徴。

そしてタリアテッレという、
平麺ですが、フェットチーネよりは
少し幅のせまいパスタを
使用するのが定番です。


19_Bolognese_01


これ、食べてみるとわかるのですが、
このわずかな細さが
ボロネーゼのソースには
本当にピッタリ!!

北イタリアのお料理ですので
本来は生のパスタで作りますが、
日本でならこんな乾麺のタイプが
手に入りやすいようです。

極上のお肉のソースがからんだ
絶品ボロネーゼの作り方は、
昨日ご紹介したこちらの記事からも
ご覧いただけます。

よろしければ、
ぜひ一度試してみてくださいね☆


・・・・・

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
よろしければお帰りの際に、
ポチポチッと応援よろしくお願いいたします。m(__)m

↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村


NEW! 
庭乃桃Facebookページができました。

FB-FindUsonFacebook-online-144_ja_JP

インスタグラムはこちら。
Instagram

こちらのブログの更新情報が届きます。
よろしければぜひご登録くださいね^^




グリルで焼いたきのこと、香りの良いチーズ、そしてアクセントにブラックペパーを挽いたごちそう感のあるオイルおにぎり。抜群においしく、見た目も秋らしいのでおもてなしなどにもぴったり。噛むほどに味わい深い十六穀米がよく合いますので、あればぜひ。 ... Read more

グリルきのこのチーズペッパーオイルおにぎり
Comment

グリルで焼いたきのこと、香りの良いチーズ、そしてアクセントにブラックペパーを挽いたごちそう感のあるオイルおにぎり。抜群においしく、見た目も秋らしいのでおもてなしなどにもぴったり。噛むほどに味わい深い十六穀米がよく合いますので、あればぜひ。

このレシピを詳しく見る


きのこ好きな方にはたまらない、
グリルで焼き上げたきのこたっぷりのオイルおにぎり。

一緒に混ぜ入れてあるのは
薫り高いパルミジャーノ・レッジャーノと
ガリガリ挽いた黒こしょう。

やはり風味が素晴らしいので、
一度焼いて旨みが凝縮したきのこのおいしさにも
バッチリよく合います!


491_3_recipe


ああ、ひと口食べれば、もうおにぎりというより、
ワインまで欲しくなってしまいそう。(笑)

ちなみに少量混ぜ入れたオリーブオイルのおかげで
きのこが入っても握りやすく、また冷めてもおいしいんです。^^

よろしければこの秋、ぜひお試しください☆



・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございました!
クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




こちらのブログの更新情報が届きます。
↓↓↓


作業時間10分、あとはオーブン任せの簡単おいしいメイン料理。肉だねをピーマンに詰めて丸ごと焼き上げるので、作るのが楽ちんです。じっくり焼き上げたピーマンは、苦みもなく、甘みが増してとにかくジューシィ!肉だねに混ぜ込んだチーズとスパイスがいっそう食欲をそそります。 ... Read more

スタッフド・ピーマン(肉詰めピーマン)のスパイシーチーズ焼き
Comment

作業時間10分、あとはオーブン任せの簡単おいしいメイン料理。肉だねをピーマンに詰めて丸ごと焼き上げるので、作るのが楽ちんです。じっくり焼き上げたピーマンは、苦みもなく、甘みが増してとにかくジューシィ!肉だねに混ぜ込んだチーズとスパイスがいっそう食欲をそそります。

このレシピを詳しく見る


そろそろ秋だなぁとは思いつつも、
新鮮な地元産のピーマンがあると
ついつい買ってしまうわが家。

ちょっと肌寒くなってきましたので、
最近はこんな感じで、オーブン焼きの肉詰めにして
楽しんでおります。


488_2_recipe


ピーマンの肉詰めというと定番のお料理ですが、
こちらは丸ごとのピーマンに肉だねを詰めて
オーブンで焼き上げます。

なので、「形が崩れやしないか?」とか、
「火加減は大丈夫か?」とかを
いっさい気にしなくて良いのが嬉しいのです♪


しかも肉だねには風味最高のパルミジャーノ・レッジャーノと
チリパウダーを混ぜ込んであるので、
ひと口食べればそれはふわりと香って抜群においしい!!

じっくり焼いたピーマンは苦みもなく
とてもジューシィですし、
子供から大人まで、これは皆が喜ぶ一品なのでした☆



・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございました!
クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




こちらのブログの更新情報が届きます。
↓↓↓


小さいツナ缶ひとつで作れる絶品のスパゲッティ。作るのは簡単ですが、ツナのコクとケッパーの深い味わいでまるでレストランのような本格味に仕上がります。味が落ちにくいので、ソースをまとめて作っておくといつでもおいしいパスタがいただけますよ。 ... Read more

ソース作り置きも! フレッシュトマトとツナのスパゲッティ
Comment

小さいツナ缶ひとつで作れる絶品のスパゲッティ。作るのは簡単ですが、ツナのコクとケッパーの深い味わいでまるでレストランのような本格味に仕上がります。味が落ちにくいので、ソースをまとめて作っておくといつでもおいしいパスタがいただけますよ。

このレシピを詳しく見る



夏休みのお昼って、何かと困りますよね~。


かく言う私も、一人の時は作るのさえちょっと面倒だなぁと
思ってしまったり。。。

そこで編み出したのが、このパスタ。

一度ソースをまとめ作りしておけば、
あとはスパゲッティを茹でてからめるだけでいいんです!



478_3_recipe



このパスタソースのうれしいところは、
何と言っても味がかなり本格的なこと。

小さなツナ缶ひとつで作れてしまうのに、
お味はまるでレストランで出されるパスタみたい!!

それはひとえに、ツナの旨みと、
最後に加える瓶詰のケッパーが味のアクセントになるからなのですが、
そのおかげか味がすごく落ちにくいので
一度まとめて作っておくと本当においしいランチが楽しめます。



478_2_recipe



これ、ごちそうした人は皆、大絶賛してくれていまして、
私自身もとっても気に入っています。^^


ちなみに、最後に振りかけるチーズは
やっぱりパルミジャーノ・レッジャーノがおすすめ!

本格派のお味に負けないおいしさです。


よろしかったらぜひお試しくださいね~☆



・・・・・

最後までお読みいただきありがとうございました!
クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。
↓↓↓

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村




こちらのブログの更新情報が届きます。
↓↓↓










ジューシィなズッキーニをベーコンの脂でソテーし、仕上げに大きめにくずしたパルミジャーノ・レッジャーノを散らしたかんたんおつまみ。味付けいらずですが、ベーコンとチーズの旨みでとにかくお酒がすすみます♪ ... Read more
ズッキーニがおいしい季節になりましたねー♪

ズッキーニは、生でも焼いても、炒めても煮込んでもおいしいお野菜ですが、
今回は例のチーズの記事を書くためにソテーにしました。

こちらはずーっと前から作っているのですが、
今回新たにきちんとレシピにして、写真も撮りなおしました。(笑)



ズッキーニとパルミジャーノ・レッジャーノのソテー
Comment

ジューシィなズッキーニをベーコンの脂でソテーし、仕上げに大きめにくずしたパルミジャーノ・レッジャーノを散らしたかんたんおつまみ。味付けいらずですが、ベーコンとチーズの旨みでとにかくお酒がすすみます♪

このレシピを詳しく見る



ジューシィにソテーしたズッキーニに、
パルミジャーノ・レッジャーノの芳醇な香り。

もうそれだけでもたまらないんですが、
そこへベーコンを加えてさらに食べごたえを出しています。



443_2_recipe_w400.jpg



こういうのは、粉チーズなんか作ってももちろんかまわないのですが、
やはりパルミジャーノ・レッジャーノですと、味のパンチがまったくちがいます

(しかも、粉チーズだと結構な量を入れなければなかなか味が決まらないという。。。)



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆




これ、簡単なんですけれど、本当においしくって止まらなくなるんですよね。

ズッキーニのおいしい季節、よろしければぜひこの贅沢な味わいをお試しください。^^




パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会×Nadia
今年も「パルミジャーノ・レッジャーノ・アンバサダー」
務めさせていただいています。
PR 2016_03_w300


POTATO AIRLINES×Nadia「世界のポテト料理特集」
ドイツ料理をご紹介いただいています。
20160420_06.jpg


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg


電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
(↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。)



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ





食べた瞬間にパルミジャーノ・レッジャーノがふわりと香る、食べやすいひとくちサイズのカツレツ。パルミジャーノ・レッジャーノを卵液の方に混ぜ込むことで最後までしっかりと風味を楽しむことができます。さわやかなフレッシュトマトのソースが相性抜群。重たさがなく、ごちそう感いっぱいなので、 大人から子供まで皆さんに楽しんでいただける一皿です。 ... Read more
2f3cd70a.jpg



先日からレシピサイトNadia(ナディア)さんで行われていた、
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズを使ったレシピのコンテスト

なんと、応募総数は219点!

その中から、厳正なる審査の結果、グランプリ5作品が選ばれました。


★ 結果はこちらから↓
https://oceans-nadia.com/sampling/22


どれもこのチーズの特徴がいかされた、おいしそうで素敵なレシピばかり。

受賞されたみなさま、本当におめでとうございます!!!




◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆




そして私も、相変わらず大好きなこのチーズを使って
いろいろなお料理を楽しませていただいております。^^

こちら↓も大のお気に入りレシピのひとつ、
パルミジャーノ・レッジャーノが香る、フレッシュトマトのソースをかけた
ひとくちカツレツ
です。



パルミジャーノ・レッジャーノのひとくちカツレツ トマトソース
Comment

食べた瞬間にパルミジャーノ・レッジャーノがふわりと香る、食べやすいひとくちサイズのカツレツ。パルミジャーノ・レッジャーノを卵液の方に混ぜ込むことで最後までしっかりと風味を楽しむことができます。さわやかなフレッシュトマトのソースが相性抜群。重たさがなく、ごちそう感いっぱいなので、 大人から子供まで皆さんに楽しんでいただける一皿です。

このレシピを詳しく見る



チーズを卵液の方に混ぜ入れるというのは
有名なミラノ風カツレツなども使われるやり方ですが、
これだとパン粉に加えるよりもチーズの風味がしっかり立って
最後までおいしいんです。

よろしければ、ぜひ試してみてくださいね☆





パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会×Nadia
今年も「パルミジャーノ・レッジャーノ・アンバサダー」
務めさせていただいています。
PR 2016_03_w300


POTATO AIRLINES×Nadia「世界のポテト料理特集」
ドイツ料理をご紹介いただいています。
20160420_06.jpg


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg


電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
(↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。)



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ





今年も、レシピサイト Nadia(ナディア)にて、 パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会によるレシピコンテストが 開催されております。 【 開催期間 】 2016年5月20日(金)~6月20日(月) ◆コンテストの詳細は、こちらから↓ https://oceans-nadia.com/samp ... Read more
PR 2016_02


今年も、レシピサイト Nadia(ナディア)にて、
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会によるレシピコンテストが
開催されております。



PR 2016_05

【 開催期間 】 2016年5月20日(金)~6月20日(月)

◆コンテストの詳細は、こちらから↓
https://oceans-nadia.com/sampling/22




PR 2016_04

私も2014年以来、アンバサダーとして毎年レシピを作らせて頂いていますが、
今年も一品、考案させていただきました。

今年はこんな一品↓です。


鶏むね肉のピンチョス パルミジャーノ・レッジャーノ・ソース
Comment

人気のピンチョスに、パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズをベースにしたコクのあるすりおろし野菜のソースを添えて。隠し味にほんの少しの味噌を加えた存在感のあるこのソースなら、ジューシィで味わい深い鶏むね肉と野菜が驚くほどおいしくいただけます。色合いも綺麗なのでホームパーティーやおもてなしにもおすすめですよ。

このレシピを詳しく見る



奥深いコクと旨みがあるパルミジャーノ・レッジャーノは、
ソースにするとどんなものでもおいしくしてくれる魔法の味わいに!


PR2016_02_w400.jpg


お肉でもお野菜でも、噛みしめるほどにおいしくなって、
試作中にも「なんでこんなにおいしいの!」としみじみ思いながら
ついついパクパク。(笑)


たっぷりのすりおろし野菜と、隠し味にお味噌が入っていますので、
つまむ手が止まらなくなること間違いなしです。

よろしければ、ぜひこちらも併せてご覧くださいね。^^



PR 2016_06


コンテストの受賞商品も、とっても豪華です!

パルミジャーノ・レッジャーノはどうやって食べてもおいしくて、
本当に使い勝手の良い素晴らしいチーズですので
みなさまもどうかぜひぜひふるってご参加くださいね♪




POTATO AIRLINES×Nadia「世界のポテト料理特集」
ドイツ料理をご紹介いただいています。
20160420_06.jpg


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg


電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



冬の太くて甘いねぎのおいしさをシンプルにいただく一皿。一度焼き色をつけてからスープで煮込むので、旨みが閉じ込められて中はやわらかくトロトロに。ねぎのおいしさを思い切り楽しめる一品です。 ... Read more
白ねぎのスープ煮

白ねぎのスープ煮

by 庭乃桃

調理時間:10分
Comment

冬の太くて甘いねぎのおいしさをシンプルにいただく一皿。一度焼き色をつけてからスープで煮込むので、旨みが閉じ込められて中はやわらかくトロトロに。ねぎのおいしさを思い切り楽しめる一品です。

このレシピを詳しく見る



寒さも増して、このところねぎの出番が多いです。^^


太くてみずみずしくて甘いねぎ。

そんな冬場の立派なねぎを、ささっと洋風仕立てのスープ煮にしていただくのも
素晴らしくおいしいものです。



3002_w300.jpg




これは電子書籍の第4巻にも収録させていただいた一品。

ねぎって、それだけだとなかなかメインの一皿にはなりにくいものですが、
一度焼き色をつけてから、こうしてローリエやにんにくと一緒に香り良く煮ると
なかなかの食べごたえと贅沢さです。



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆




パルミジャーノ・レッジャーノを添えて、とろっと溶けかけたところを
スープと一緒にパクリ♪

とにかく手早く作れるのが嬉しい、
トロトロのねぎがじゅわ~っと口いっぱいに広がる至福のおいしさです。



  niwamomo-04_00_w120.jpg
  本日のレシピが収録されています♪


img63811034_w300.jpg
本日のお料理写真にはこちらのショップ様の食器を使わせていただいています♪


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg

電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg

◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



ご飯にちりめんじゃことパルミジャーノ・レッジャーノを混ぜ込んで焼きおにぎりを作り、薫り高く香ばしい出汁茶漬けに仕立てました。噛みしめるほどに味わい深い焼きおにぎりと、素揚げした根菜の風味・食感がベストマッチ。すべての具材の旨みがかつお出汁と溶け合う、最高においしくて贅沢な和洋のコラボメニューです。 ... Read more
今年7月よりNadia様にて開催されていた、
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの企画

こちらのブログでも毎月おすすめのお料理を紹介させていただいてきましたが、
そちらも今回でひとまずの最終回。


そこで今日は、
まさにパルミジャーノ・レッジャーノというチーズでないと作れない、
最高においしい一品
をご紹介してみたいと思います♪


PR2015_banner.jpg

◎ イタリアチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」
おいしさを知っていただくため様々な食べ方をご提案!
 (←クリックで特設ページへ)



本日のレシピはこちら(↓)からどうぞ。

パルミジャーノ・レッジャーノとじゃこの焼きおにぎり出汁茶漬け
Comment

ご飯にちりめんじゃことパルミジャーノ・レッジャーノを混ぜ込んで焼きおにぎりを作り、薫り高く香ばしい出汁茶漬けに仕立てました。噛みしめるほどに味わい深い焼きおにぎりと、素揚げした根菜の風味・食感がベストマッチ。すべての具材の旨みがかつお出汁と溶け合う、最高においしくて贅沢な和洋のコラボメニューです。

このレシピを詳しく見る




旨みが強く、何にでも合わせやすいパルミジャーノ・レッジャーノ。

この強い旨みとえも言われぬ芳醇な香りを和風にいかしてみたいと思い、
今回は大好きな出汁茶漬けテイストにしてお料理を考えてみました。


PR2015_2_04.jpg


カリカリ香ばしいちりめんじゃこに、
パルミジャーノ・レッジャーノとかつおだしの旨み。

それが渾然一体に溶け合って、これは本当に本当になんともおいしい!!

パリパリに素揚げした根菜の食感と風味が、
またとてもよく合うのですよね。*^^*

これはまさに、パルミジャーノ・レッジャーノという
極上のチーズあってこそのおいしさだと思います。



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆



今回、いろいろな人に試食してもらいましたが、
その誰もが「絶品!」と太鼓判を押してくれた自信作。

よろしければ、ぜひみなさんも、特別なチーズ、パルミジャーノ・レッジャーノ
この至福の味わいを心ゆくまで楽しんでみて下さい!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓よろしければ以下のコラムもぜひご覧ください♪

◎Nadia連載コラム「ヨーロッパ 食の風景」
pin14.gif 第9回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(1)
pin14.gif 第10回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(2)
pin14.gif 第11回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(3)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの
アンバサダーをやらせていただいています。
PR2015_banner_05.jpg

電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



とろけるようなやわらかロールキャベツとペンネを、パルミジャーノ・レッジャーノの出汁で煮込んだボリュームのある一皿。焼きつけることで旨みを閉じ込めたロールキャベツに、スープのおいしさを吸ったペンネが絶品。ひと鍋で作れて最高においしい、どこかほっとするマンマの味。 ... Read more
今年7月よりNadia様にて開催されている、
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの企画

アンバサダーを務める5名の料理家さん
毎月交替でおすすめのお料理を紹介させていただいていますが、
11月は私が担当させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします♪

PR2015_monthly01.jpg

PR2015_banner.jpg

◎ イタリアチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」
おいしさを知っていただくため様々な食べ方をご提案!
 (←クリックで特設ページへ)



今回考案させていただいたレシピは、こちら(↓)です。


ひと鍋でごちそう * 焼きロールキャベツのペンネ
Comment

とろけるようなやわらかロールキャベツとペンネを、パルミジャーノ・レッジャーノの出汁で煮込んだボリュームのある一皿。焼きつけることで旨みを閉じ込めたロールキャベツに、スープのおいしさを吸ったペンネが絶品。ひと鍋で作れて最高においしい、どこかほっとするマンマの味。

このレシピを詳しく見る



外皮まで余すところなく使える、パルミジャーノ・レッジャーノ。

普通におろして仕上げに添えてもおいしいチーズですが、
こうして具材を煮込む際に風味づけとして加える
スープに素晴らしい旨みとコクがプラスされます。

今回はそれをショートパスタに吸わせて、
お鍋丸ごとおいしくいただけるごちそうメニューに仕上げてみました♪


PR2015_2_04.jpg


・・・実はこれがあまりにもおいしすぎて、
自分でも今年一番のお気に入りレシピのひとつに。*^^*

寒くなるこれからの季節、ひと鍋で作れてたっぷりおいしくいただける一品です。

よろしければぜひお試しくださいね☆



・・・・・


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの
アンバサダーをやらせていただいています。
PR2015_banner_05.jpg

電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



こんがり焼いたれんこんに、香りと旨みの強いパルミジャーノ・レッジャーノとスパイスをまぶした簡単おつまみ。チーズの旨み、食欲をそそるスパイスの香り、そしてサクサクのパン粉がたまらなくおいしくて、ビールが何杯でも飲めてしまいそう♪ ... Read more
たたきれんこんのカリカリチーズパン粉焼き
Comment

こんがり焼いたれんこんに、香りと旨みの強いパルミジャーノ・レッジャーノとスパイスをまぶした簡単おつまみ。チーズの旨み、食欲をそそるスパイスの香り、そしてサクサクのパン粉がたまらなくおいしくて、ビールが何杯でも飲めてしまいそう♪

このレシピを詳しく見る



まもなく旬も盛りを迎える、れんこん。

焼くとサクサク、もっちりとした歯ごたえがたまりませんよね♪

今回はそんなれんこんをパルミジャーノ・レッジャーノとコラボさせて、
つまむ手が止まらない!簡単&最強のおつまみを作ってみました。^^



PR2015_banner.jpg

◎ イタリアチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」
おいしさを知っていただくため様々な食べ方をご提案!
 (←クリックで特設ページへ)


PR2015_guds_w200_20151017164243a9b.jpg

PR2015_guds_02.jpg PR2015_guds_03.jpg

↑ そうそう、アンバサダーにご任命いただいた旭エージェンシー様より
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会公式グッズの
こんな素敵なエプロンカッティングボードが届きました!!

どちらも「Consorzio PARMIGIONO REGGIONO(パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会)」のロゴ入り。
何か本当に重みが違いますね♪ 
イタリアの香りが全体に漂ってます!ありがとうございます^^



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆




今回のレシピ、作り方はとても簡単。

めん棒でたたいたれんこんをオリーブオイルでこんがりと焼いて、
おろしたパルミジャーノ・レッジャーノとハーブ、スパイスを混ぜ合わせたものを
まぶすだけ。

そして最後に、食感のアクセントとして、乾煎りしておいた
サクサクパン粉をからめるのがポイントです。


358_2_recipe_w300.jpg



混ぜ合わせたパルミジャーノ・レッジャーノとスパイス類は、
もうそれだけでお酒が飲めそうなほどに良い香り。(笑)

そこにこんがり焼いたれんこんとサクサクパン粉をからめると、
もう食感といい、旨みといい、つまむ手が止まらない!!



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆




このおいしさは、まさに芳醇な香りのパルミジャーノ・レッジャーノならでは。

こうしてさまざまなスパイス、ハーブと合わせても負けないおいしさ、
これはぜひともパルミジャーノ・レッジャーノでお試しいただきたい自信作です。^^


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆
↓よろしければぜひ以下のコラムもご覧ください♪
◎Nadia連載コラム「ヨーロッパ 食の風景」
第9回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(1)
第10回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(2)
第11回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(3)

◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


パルミジャーノ・レッジャーノ レシピコンテスト
↑先日のNadiaさんでのコンテスト、受賞レシピはこちら!
受賞された、青山金魚さん、ココキッチンさん、本村美子さん、
おめでとうございます!!


・・・・・


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの
アンバサダーをやらせていただいています。
PR2015_banner_05.jpg

電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



こっくりまろやかなかぼちゃの甘みが引き立つ、チキンときのこのシチュー。シンプルな味付けながら、スパイスの香りでグッと秋らしい味に仕上がります。かぼちゃの皮も飾りに使えば、ハロウィーンパーティーにぴったりの一皿に! ... Read more
Halloween! チキンときのこのかぼちゃシチュー
Comment

こっくりまろやかなかぼちゃの甘みが引き立つ、チキンときのこのシチュー。シンプルな味付けながら、スパイスの香りでグッと秋らしい味に仕上がります。かぼちゃの皮も飾りに使えば、ハロウィーンパーティーにぴったりの一皿に!

このレシピを詳しく見る



10月と言えば、ハロウィーン!

というわけで、今日はこちらの企画(↓)に伴い、
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの魅力をお伝えしながら
ハロウィーンパーティーにも使えるおいしいレシピ
をご紹介したいと思います。



PR2015_banner.jpg

◎ イタリアチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」
おいしさを知っていただくため様々な食べ方をご提案!
 (←クリックで特設ページへ)



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆




クリーミーなかぼちゃに、ジューシィなチキン、旨みのあるきのこ。

ひと鍋で作れるこんなシチューは、見た目も楽しく、
ハロウィーンにもぴったりですね。^^


PR2015_2_04.jpg



おいしさの決め手は、かぼちゃの甘みを引き立てるスパイスと、
このパルミジャーノ・レッジャーノ。

最後におろしたパルミジャーノ・レッジャーノを振っていただくと、
う~ん、とってもリッチな味わいになります。



352_3_recipe_w300.jpg



これだけいろいろな具材を入れても、なお存在感を失わない
パルミジャーノ・レッジャーノはさすがとしか言いようがない!

この日は、ドライフルーツとナッツの入ったフランスのパン、
ロデヴのフリュイ(フルーツ入り)を添えていただきましたよ♪



◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆




パルミジャーノ・レッジャーノは、クセがないのにしっかりした風味で、
本当にどんなお料理にも使い勝手がいいですね。^^


明日はもう一品、今度はビールがグイグイ進んでしまいそうな
秋のパルミジャーノ・レッジャーノ・レシピをご紹介したいと思います♪


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆
↓よろしければぜひ以下のコラムもご覧ください♪
◎Nadia連載コラム「ヨーロッパ 食の風景」
第9回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(1)
第10回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(2)
第11回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(3)

◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


パルミジャーノ・レッジャーノ レシピコンテスト
↑先日のNadiaさんでのコンテスト、受賞レシピはこちら!
受賞された、青山金魚さん、ココキッチンさん、本村美子さん、
おめでとうございます!!


・・・・・


料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの
アンバサダーをやらせていただいています。
PR2015_banner_05.jpg

電子書籍レシピ本4冊も好評発売中です。
niwamomo-01_04_w100_03.jpg

◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



実は外皮も食べられるパルミジャーノ・レッジャーノ。風味が強いのでおつまみにも向いています。チーズの濃厚で豊かな旨みが愉しめるのはもちろん、火の入れ具合によってもちもち、カリカリと食感が変わるのも嬉しいところ。今回はとろけるような甘みの洋梨に煮詰めたバルサミコ酢をかけて合わせてみました。ワインによく合う一皿です。 ... Read more

905_r.jpg

実は外皮も食べられるパルミジャーノ・レッジャーノ。
風味が強いのでおつまみにも向いています。

チーズの濃厚で豊かな旨みが愉しめるのはもちろん、
火の入れ具合によってもちもち、カリカリと食感が変わるのも嬉しいところ。

今回はとろけるような甘みの洋梨に
煮詰めたバルサミコ酢をかけて合わせてみました。
ワインによく合う一皿です。


◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆


ご訪問ありがとうございます♪

 にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
↓ のレシピを気に入っていただけましたら、
お帰りの際に応援クリック頂けると励みになります。
よろしくお願いいたします。



Read more
タイアップ企画
  •         
  •         
連載コラム・執筆記事・インタヴュー記事